インサーションエフェクトを使ってみる(XG編)

VARIATION(INS.) : DELAY L.R

L、R2本のディレイ音を発生するエフェクトです。2本のフィードバックディレイを持っています。

アドレス-データ(xxに入る部分)--
02,01,40,06,00Variation Type---
02,01,42,xx,xxLch Delay MSB,LSB01-7F,01-7F0.1〜715.0ms-
02,01,44,xx,xxRch Delay MSB,LSB01-7F,01-7F0.1〜715.0ms-
02,01,46,xx,xxFeedback1 Delay MSB,LSB01-7F,01-7F0.1〜715.0ms-
02,01,48,xx,xxFeedback2 Delay MSB,LSB01-7F,01-7F0.1〜715.0ms-
02,01,4A,00,xxFeedback Level01-7F(57)-63〜+63-
02,01,4C,00,xxHigh Damp01- 0A(0A)0.1〜1.0-
02,01,54,00,xxDry/Wet01-7F(20)D63>W〜D=W〜D<W63-
02,01,72,xxEQ Low Frequency08-28(1C)50Hz〜2.0kHzTable #3
02,01,73,xxEQ Low Gain34-4C(40)-12〜+12dB-
02,01,74,xxEQ High Frequency1C-3A(2E)500Hz〜16.0kHzTable #3
02,01,75,xxEQ High Gain34-4C(40)-12〜+12dB-

/ Lch Delay : 左チャンネルのディレイの長さ
/ Rch Delay : 右チャンネルのディレイの長さ
/ Feedback Delay : フィードバックディレイの長さ
/ Feedback Level : フィードバックの量
/ High Damp : 高域の減衰の調整(値が小さいとき高域が速く減衰する)
/ Dry/Wet : ドライ音とエフェクト音のバランス
/ EQ Low Frequency : 低域をEQで増減させる周波数 Table #3
/ EQ Low Gain : 低域をEQで増減させるゲイン量
/ EQ High Frequency : 高域をEQで増減させる周波数 Table #3
/ EQ High Gain : 高域をEQで増減させるゲイン量

記述例 : Dry/Wet パラメータを変更する

(*POOL部分は省略)

*DATA"02,01,54,00, 40"

Table #3

DataValue
00THRU(20)
0122
0225
0328
0432
0536
0640
0745
0850
0956
0A63
0B70
0C80
0D90
0E100
0F110
10125
11140
12160
13180
14200
15225
16250
17280
18315
19355
1A400
1B450
1C500
1D560
1E630
1F700
20800
21900
221.0k
231.1k
241.2k
251.4k
261.6k
271.8k
282.0k
292.2k
2A2.5k
2B2.8k
2C3.2k
2D3.6k
2E4.0k
2F4.5k
305.0k
315.6k
326.3k
337.0k
348.0k
359.0k
3610.0k
3711.0k
3812.0k
3914.0k
3A16.0k
3B18.0k
3CTHRU(20.0k)

トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Google