概要

MIDIファイルをMuseデータ形式のファイルに変換するソフト。
「mid2mus希望」と書いたメールにオリジナルなMuseデータを添付して加藤一郎氏に送ると、このソフトがもらえる。

加藤一郎氏によると、以前mid2musをもらうために中身が「drm」と記述されただけのデータが送られたことがあったという。
失礼極まりない事例である。しかし、「そうは言っても、自分の開発したソフトを欲しいと思う人がいることは、開発者冥利に尽きる」と加藤一郎氏は語っていた。

使い方

コマンドプロンプトで起動する場合

mid2musはコマンドラインアプリであるため、通常はコマンドプロンプトを用いて操作する。

 mid2mus [オプション] [ファイル名]

 変換に成功すると「OK」が表示され、MIDIファイルと同名の(.mus)ファイルが出力される。
逆に失敗すると、「Error: 内容」が表示され、Museデータも出力されない。

※引数なしで起動すると、詳細な使い方などが表示される。

[オプション]

/x1
出力するデータの音名を、 x1(英米) 形式にする。
/x2
出力するデータの音名を、 x2(独) 形式にする。

[ファイル名]

変換対象のファイル名を記述する。

  • 相対パスを記述した場合、現在のディレクトリーにあるファイルが対象となる。
  • [*.mid]のようにワイルドカードを記述することができる。
  • 複数のファイルを列挙記述することができる。

Explorer等から起動する場合

以下のいずれかの方法を用いれば、Explorerでも利用を試みることができる。

  1. 「mid2mus」のショートカットを作成し、変換したいMidiファイルをドラッグ&ドロップする。
  2. 「mid2mus /x1 %1」のようなバッチファイルを作成し、そこに変換したいMidiファイルをドラッグ&ドロップする。
  3. 「送る」メニューにMid2musや、そのバッチファイルを追加し、Midiファイルを送る

上記の方法では、変換の成功/失敗の可否は、Museデータの有無、または更新日時で判断する必要がある。「>muse.log」等と記述しても良いが…

※なお、「Midiファイルを mid2mus に関連付ける」行為は避けた方が良い。過去に作成したMuseデータをMid2musによる変換結果で上書きしてしまう危険があるためである。

mid2mus による変換の仕様

mid2mus で変換した Muse データは、手打ちで作られた Muse データとは異なる、独特の変換結果が出力される。
ここでは、mid2mus で変換された Muse データの特徴を列挙する。
※mid2mus のバージョンにより当てはまらない項目もあり。

  • フィンガーは0,1,2のみ使用される。
    • 1番フィンガーにすべてのメンバー属性が記述される。V や S や U などが、フィンガー1 内にすべて混在することになる。
    • 2番フィンガーに音符が記述される。
    • 0番フィンガーはAメンバーのみ使用され、そこに全体属性が記述される。DATAコマンド、%テンポ、TEXTテキスト表示など。
  • 一部のメンバー属性が X**=** に置き換えられる。
  • 出力されるメンバーは@ABC……の順であるが、メンバーZ はメンバーI とメンバーJ の間に出力される。
    • MIDIチャンネルの順番に出力(ドラムパートは MIDI規格では「10ch(10番目)」であるため)
  • インデント
    • テキスト上の小節線やスペースなどは一切出力されない。
    • 各フィンガー内のデータは、行頭にタブ文字が入り、130バイト付近で改行によって折り返される。
  • 以下のコマンドが出力されない。
    • 調性(\)とフラット(-)、ナチュラル(=)が存在しない
      • 全ての音を実音で表記するため、調性の指定をする必要がない。フラットされる音はシャープによって記述される。したがって、ナチュラルも存在しない。
      • mid2mus の変換データの最大の特徴は調性の指定がなく、フラットの記述が一切出てこないところにある、と言える。
  • 「o」(絶対オクターブ)が出現しない
    • < と > の相対オクターブのみで出力される。
  • 和音の再現表記,コード,和音とコードの遅延
    • 全ての音は実音で記述されるため、コードは記述されない。再現表記は存在する。また、遅延表記は和音の連結によって表記される。
  • 連符,連符の再現表記
    • 3連符や特殊な連符は、全て微分音長による音長の加算や休符に置き換えられる。
  • 曲中のタイミング合わせ
    • 曲中にタイミングを合わせる「%」や「%(メンバー)」は、休符に置き換えられる。記述されている全てのフィンガーに休符がつく。
  • 一部のメンバー属性・フィンガー属性・テンポの遅延
    • 属性値と休符だけで表現される。(例:“%50 %46:4”=“%50_16 %49_16 %48_16 %47_16 %46”)
  • 出音・止音の指定
    • スタッカートと音長の加算、休符によって表現される。止音よりも出音が早い場合は、和音の連結によって出力される。
  • 音長の減算(~)
    • 全て加算によって表現される。
  • アクセント,音量・強弱の相対指定
    • 全て実際の数値に置き換えられる。
  • 定義マクロ、展開マクロ、無名マクロ
    • マクロが展開された状態で全て書かれる。{ } は一切登場しない。
  • ブロックコメント,冒頭以外のコメント,曲中の全角文字,小節区切りのような記号など
    • Muse が再生する時に無視する文字は出てこない。ただし、データの冒頭にファイルのパスや作者名などが書かれた部分を除く。
  • *STOP、*MARK
    • すべて *TEXT に変換されるため、*STOP による曲の一時停止(クリック待ち)は一切行えない。
  • *FING
    • 全てのフィンガーに指定した属性と値が書かれる。
  • *FONT,*COLR
    • Muse だけに有効なコマンドであるため、そもそも出力されない。
  • システムメッセージ
    • *DATAコマンドが忠実に出力される。
    • *POOLコマンドは出力されず、すべて展開される。
    • 集約可能なNRPNは、*ROOMコマンドで出力される。
    • X指定も出力される。

mid2mus で変換されたデータ

mid2mus は MIDI ファイルを機械的に Muse データに変換するため、どうしても mid2mus 特有のデータとなりやすい。

基本としてmid2mus で変換した Muse データを『Muse の殿堂』に投稿しても審査の対象にならない。

ただ、データを聴いただけでは手書きによる打ち込みか mid2mus変換データであるかの判別はほぼ不可能である。
過去、殿堂に登録された曲の中には、mid2mus で変換された楽曲があったようだ。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-06-03 (木) 14:06:12